2006年07月30日

ランクヘッド。

060730.JPG

新宿タワレコでランクヘッドのインストアライブを観てきました。
ランクを観るのは3年ぶりぐらいかな。
当時は普通のお兄ちゃんという印象で、曲を聴いても
正直あまり惹かれませんでした(笑)。

最近になって カルビー夏ポテトのCMで曲が使われているのを知って
大きくなったな〜と関心していたら、タイミング良く
お友達から今日のお誘いが。
しかも、このCM曲のPV撮影場所が私の地元だったことを知って、ますます親近感。
ワクワクしながら行ってきました。

あまりの人の多さにモニターを観ながら音を聴いていたけど
ものすごく心に響いてきてヤラレマシタ。
特に『カナリア ボックス』のサビ

『あなたに会えてよかった』。

それを聴いた途端に、一気に沢山の人が浮かんできて泣けてきました。

そしてCM曲の『夏の匂い』。
開演前にこのPVをずっと見ていて、映像があまりにも地元すぎて
照れくさいような、なんか変な感じが。
と同時に、曲の世界やPVの世界が自分の学生時代と重なって、
これまた不思議な感じがしました。
見慣れた風景だから余計に。

中学・高校の頃にこの曲を聴いていたら、きっと世界が
変わっていただろうな。
この曲も泣けてきました。

というわけで、CDたちを即お買い上げ。
ランク、本当に良かったよ…。
本人たちもすごく楽しそうで微笑ましかったです。
posted by ともも at 22:49| Comment(0) | 音楽いろいろ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月22日

ENDLICHERI☆ENDLICHERI / Coward

購入したのは約1ヶ月前ですが、なかなか良いCDなのでおススメします♪

噂には聞いていた、堂本剛 氏のソロ ENDLICHERI☆ENDLICHERI。
バックバンドが(私にとっては)かなり豪華だとは、何となく知っていたけれど。
それを思い出して、少し前に出演した音楽番組を見たら
やっぱりものすごく豪華!豪華すぎる!!

ベースが上田ケンジ 氏、ギターが西川 進 氏と名越由紀夫 氏、
そしてパーカッションがスティーブ衛藤!
あとはちょっと分からなかったけど、よく見ればきっと分かるはず。
私は音楽番組を見る時は、メインよりも後ろが気になる人間です(笑)。
1stアルバムには大好きなドラマーさんもほんの少し参加しているらしいし、
これは買わなきゃ!ということで購入しました。

こういうタイプの曲もやるとは。意外な感じ。
ENDLICHERI☆ENDLICHERI ご本人の才能の幅の広さに 【さすがだな〜】 と思いました。
そして何といっても、やはりバンドメンバーの豪華さはスゴイ。
演奏のみの時点で、普通のCDとは音が違いますもの。
テクニックが違う(笑)。
メンバーは剛くん本人が選んだということで、ただただ関心するばかりです。
エンドリケリーじゃないと、こんな豪華メンバーが一同に集まることは
ないだろうなぁ。

いつも自分が聴いている曲とはまた違うタイプなので、聴いていて
とても新鮮です。
私の今のお気に入りは、通常版のみに収録されている 【美しく在る為に】 かな。
ストリングスが全面に広がる壮大な曲なのですが、
私はドラムの音を 特に集中して聴いています(え?笑)。

ライヴも一度行ってみたいな。なかなか難しいだろうけど。
ライヴ中は、メインよりも後ろが気になって仕方がないと思われます(笑)。
posted by ともも at 23:47| Comment(2) | 音楽いろいろ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月07日

our music 3

毎週金曜日の23:30〜フジテレビ系列で放送されている音楽番組。
毎週は見ていないのですが、たまたまテレビをつけていて
あ、今日だったっけ という感じで見ることが多いです。

今もたまたま見つけたので見ています。
今日は未公開映像ばかりだそうで、見応えあります。
この番組は、ふだんテレビに出てこない人や組み合わせが
見られるので、私みたいなマニア好きにはオイシイです(笑)。

見ていていちばん惹かれたのは あがた森魚さん。
元ちとせさんが尊敬している人だそうで、一緒に出た映像が
今年の5月に放送されていたようです。
ちゃんと見たかったなー。
あがたさんを見たのも数年ぶりだったので、食い入るように見てしまいました。
フォーク世代のおじさまだけど、かっこいいっす。

この番組、要チェックしなきゃ。
posted by ともも at 23:58| Comment(0) | 音楽いろいろ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月28日

BOOM BOOM SATELLITES / ON

on.jpg

5月17日に発売された、ブンブンサテライツの新譜です。
私が彼らを知ったのは…98年頃かな。
好きなミュージシャンの方が彼らを好きで、それで興味をもったのが
きっかけです。
その時は、友人に 『OUT LOUD』 を勧められて購入しました。
私はもともと、バンド形態の生身で温かい音が好き。
テクノのような打ち込みいっぱいの音はどうか、と思いながらも
聴いてみると、あっという間に虜になってしまいました。
覚えやすいというか、体にしっくりくるメロディーばかりで
自然と体が動いてしまうのです。
ドライブしながら聴いていたら、絶対にスピードを出し過ぎてしまいそう。
英語詞なので、日本語訳を見ないと詞の内容は分かりませんが(笑)、
メチャメチャかっこいいです!本当に。
洋楽が苦手な私でも、彼らの曲は大好きです。

というか、彼らのことは全然詳しくない(知らないに等しい)ので
興味を持った方は調べてください(笑)。

ブンブンサテライツの曲は、CMで流れることが多いです。
今作の 『ON』 に収録されている 『Kick It Out』 は
グリコのウォーターキスミントガムに、
そして 『Pill』 は、メナード化粧品のCMで使われていました。
私は特に 『Pill』 がお気に入りです♪

ライヴは一度も観たことがないので、ぜひ観てみたいものです。
周りを気にせずに踊れるだろうな(笑)。
posted by ともも at 23:49| Comment(2) | 音楽いろいろ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高畠俊太郎 / 爽雨

sou.jpg

5月17日に発売されました、高畠俊太郎の『爽雨』。『そうう』と読みます。
近場のお店で購入しようと思っていたら、下北沢のハイラインレコード限定の
購入特典があるとの情報が!
そりゃ行かないわけにはいかないでしょ(笑)。

俊太郎さんの活動歴は結構 長いです。
私がL⇔Rにハマった92年頃には 『ULTRA POP』 というバンドで活動し、
私がエレキブランにハマっていた96年頃には 『POINTER』 で活動。
その頃から 高畠俊太郎 という名前は知っていました。
そして現在は 『AUTO PILOT』 で活動しています。
私が俊太郎さんに興味を持ったのは、このAUTO PILOTから。

バンドのイメージしかないので、今回のソロ作品はどんな内容になるのか
全く想像がつかないまま購入しました。

聴いてまず思ったのは、すごく身近に感じる曲ばかりだなと。
変な飾りは全くなくて、日常にある出来事や気持ちを歌っているので
ものすごく心に響いてきます。
恋人との距離感とか、欲望とか、普段の喜怒哀楽が伝わってくるので
「あー、わかるわかる」 というように、感情移入してしまいます。

全体的にはアコースティックな感じ。
ゆったりめのメロディーや、少しだけハスキーな声が
胸をキュンキュンいわせます(笑)。
そして、バンドでは歌わない曲を集めたようなので、
昔からの曲もあるようですよ。

ハイラインの特典は、8曲目 『夏の日』 のPVを収録したDVD-R。
そして6月17日には、ハイライン店頭でインストアもあるそうです。
行きたいけど…むむむ。
ちなみにこの 『夏の日』 のPVは、スカパーの 【Music Japan TV】 で
放送される 『afternoon cafe』 で6月中にオンエアされるそうです。
『夏の日』 はCDの中でも割とアップテンポな曲なので、
一度聴くと耳から離れなくなります。←私がそう(笑)。
見られる方は、ぜひ一度チェックを!
posted by ともも at 23:18| Comment(0) | 音楽いろいろ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

田辺マモルとラボ・リボルバー/うたとバイオリン ライブ@ラ・カーニャ050918

砂場CDを目当てに行った新宿タワレコ。
店内をウロウロしていると、視聴機のところでこのCDを見つけました。
実は、田辺マモル好きな私。
ライヴにもしばらく行っていないし、CDも全部持っているわけではない
けれど、隠れファンです。

mamo.jpg

4月12日に発売されたライヴ盤。
05年9月に下北沢ラ・カーニャで行われた音源が収録されています。
何となく視聴をしてみることに。

2曲目の 『喝采』 を聴いていたら、自然と涙が出てきました。
しかも視聴でですよ。
あれれ、どうした私。
自分でも突然でビックリでした。
マモちゃん(こう呼ばせてもらいます) の声は
ものすごーくやさしかったのです。
温かくてやさしくて、心に沁みてきました。
久しぶりに聴くこんな私でも、マモちゃんは 「どうぞどうぞ」 と
いつでも温かく迎えてくれているような感覚になりました。

即ゲット!

今年でデビュー15周年なんですね。
私が彼の音楽に興味を持ったのは、98年に発売された
アルバム 『田辺マモルのヤングアメリカン』 から。
『リス』 という曲になんとなく惹かれました。
その後 『プレイボーイの歌』 や 『好きだっちゅうねん』 で
更にハマりました。
一見、頼りなさそうなヨワヨワ系な男性ですが、
私は彼にいちばん男気を感じています。
飾り気のない、実話だか分からない歌詞がまた男らしさを感じます。
男気は内面から出てくるものだ!
男の人なら一度はマモちゃんを通らなきゃ!

名曲 『ハワイの詩』(14分) は何度聴いても最高です。
今年の夏は 『プール日和』 を口ずさんでいる自分が見えるなぁ。
『永遠の光』 もかっこいいなぁ。
でも今のいちばんは 『喝采』 だなぁ。
posted by ともも at 15:52| Comment(0) | 音楽いろいろ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

上田ケンジ / 青

ueken.jpg

タイミングよく、某HPにも上ケンさんの名前がありましたね。
ココにも少し前にちょっと書きましたが、私は上田ケンジさんが好きです。
上田ケンジ。
ケンジ&ザ・トリップスやthe pillows、そしてアナラーズ等のバンド活動を
はじめ、いろいろな人たちのプロデュースも手掛けている方です。
私が上ケンさんに興味を持ったのは98年頃。
私がライヴハウスに行き始まった頃です。忘れもしません。
それまではピロウズの人ね、という印象しかありませんでしたが、
とある人たちを観にCLUB 251に行くと、上ケンさんが対バンで
出ていました。
その時にライヴを観てから、彼の作る作品に興味を持ちはじめました。
ここ数年はライヴには全然行けていないので、CDが発売された時は
欠かさず買おうと決めていたのですが…。
今回、いつの間にか新譜が発売されていて、慌てて買いに行きました。
情報収集が本当に遅くなってしまったわ(苦笑)。

CDを手に取ってみて、まず目に入ったのは帯の文字。
今作品のプロデュースに 【清水ひろたか】氏 の名前が!
…実はワタクシ、清水氏のことも大好きだったのです(笑)。
清水さんのことはまた改めて…(長くなるのでね)。
まさかここで再び繋がるなんて! と心の中で小躍りしながら
さっそく家で聴きました。

上ケンさんの曲は、決して派手ではないけれど、かなりポップなのです。
見た目からは想像できないくらい(失礼)、本当にステキなのです。
声もどちらかというと細めだし、CDとしては地味(シンプル)な
作りかもしれません。
でもね、それがすごーく良いのですよ。生身の温もりを感じます。
新譜 【青】 の中で、今の私のお気に入りは
『OK』 『君はライダー』 『安楽のスレイブ』 かな。

上ケンさんの作品は、女性ボーカルの方も歌ったりしています。
元々は上ケンさんが以前組んでいた男女ユニット・ディテイルスで
女性ボーカルの方 (名前忘れた・汗) が歌っていました。
これがまたすっごく良くてね〜。
高音のキレイな声が曲とピッタリ合っていて、
女性ボーカリストにはなかなか惹かれない私がハマったほどです。
そして数年前には、加藤いづみさんが歌われていました。
山崎まさよし氏主演のドラマ 『奇跡の人』 のエンディングテーマに
なった『切なく青い空のページ』 もそうです。
私が覚えている限りでは、上ケンさんCDの
1st 【フォーエバーラブ】 に収録されている
『6月は傘の街』 『ふたりだけ』 『元気でね バイバイ』 『水時計』、
2nd 【ambivalence】 の 『ムーニームーン』 『ラストダンス』
『涙も枯れて』
は、ディテイルスや加藤さんも歌っていました。
もちろん、今は上ケンさんご本人が歌っています。
やっぱり作った本人が歌うのが、いちばんしっくりくると思います♪

あなたの好きなミュージシャンも、もしかしたら一度は
上ケンさんが関係しているかもしれませんよ?
3月17日には新宿のタワレコでインストアもあります。(19:30〜)
ぜひ機会がありましたら、一度聴いてみてください。
posted by ともも at 21:34| Comment(2) | 音楽いろいろ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月17日

06/02/17 (fri) swims a star 3man night @ 新宿Motion

【出演順】心海(こころうみ):O.A./TOMMY THE GREAT/sleepy.ab/トキメキ泥棒
【曲順】 01. 四季ウタカタ
     02. 夢の花
     03. 遊泳スローモーション
     04. PAIN
     05. mass gymnastic display
     06. メロディ
     07. SCENE

予定にはなかったのですが、急にスリーピーの音に触れたくなったので
行ってきました。
初めて道外で観るsleepy.ab。そして、私にとっては初めて行く会場。
合流した友達曰く、店員さんにおススメされたお酒がとても美味しかったそうです。
次回は飲んでみよう。

sleepy.abは和製レディオヘッドと言われることがあります。
私はsleepy.abのダークな部分とキラキラ眩しい部分が好きです。
白というか、ライトが物凄くピカッ!と光って、一瞬 白?透明?に
見える時があるじゃないですか。
私はsleepy.abの曲にはそういうイメージがあります。
ライヴは本当に 『無』 になれるので大好きです。
だから、今日も目をつぶって聴いていることがほとんどでした。
せっかく来たのに(笑)。
今日聴いた中では、『夢の花』 『マス…』 『メロディ』 『SCENE』 が
私のお気に入りです。
もうすぐ発売されるCDが楽しみ♪
posted by ともも at 00:00| Comment(0) | 音楽いろいろ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

プラネタリウムライヴ。

今日は 栗コーダーカルテット@板橋区立教育科学館プラネタリウム に
行ってきました。
星空を眺めながらリコーダーの曲を聴く。
なんともステキな空間でした。
プラネタリウムとライヴって、意外と合うんですよ。
フォーク世代にはご存知の方も多いと思う あがた森魚さん も
プラネタリウムライヴをよくやっていました。
私も5〜6年前に2回程、この あがた森魚さんのプラネタリウムライブに
行ったことがありますが、あの時もとても感動して泣きました。
満天の星空と音楽と自分だけの世界。
夜空にすーっと吸い込まれそうで、異空間に来たような錯覚に陥ります。
今回も、リコーダーがピッタリ合っていて良かったです。
ライヴハウスやホールで聴く音楽も最高だけど、音楽とはかけ離れた
こういう場所で聴く音楽も新たな発見があって最高ですよ。
もしこういう機会が皆さんの近くであったときは、
ぜひ一度足を運んでみて欲しいです。

プラネタリウムも久しぶりに行ったけど、いいものですね。
また行きたい〜。
そういえば、この板橋区立の科学館では、催し物のひとつ?として、
小学生が宇宙服を着させてもらって記念撮影をしていました。
『2001年宇宙の旅』 みたいな。
着ている男の子みんなが とってもいきいきとした表情で微笑ましかったです。
なかなかかっこよかった!
でも、ちょっと羨ましかったぞ(笑)。
posted by ともも at 23:32| Comment(0) | 音楽いろいろ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

the pillows。

今回もちょっと長めに札幌滞在中(苦笑)。
これまたタイミングよく、the pillowsの山中さわお氏がラジオのゲストに
出演ということで、
札幌駅にあるスタジオ 「えき☆スタ」 に行ってきました。
ここは公開生放送ができるので、普通に見に行けるのです。
オイシイですねぇ。

ピロウズ大好きだった私。最近はちょっとご無沙汰でしたが、
以前は欠かさずライヴに行ってました。
今回のさわお氏も、一目見るなり 「懐かしい〜」 としか
出てきませんでした。
ピロウズ結成、今年で17年目だそうです。
こんなに息の長いバンドになるなんて、私も思ってもいませんでした。
これまで色々なことがあったと思うけど、ファンとしては嬉しい限りですよね。

『サードアイ』 が発売になった時に、たまたまCD店で視聴して
「なかなか良いのではないかい?」 と久々に心くすぐられました。
今回 さわお氏を見て何か触発されるものがあったようで、
すぐに新譜の 『MY FOOT』 を購入。
なにも札幌で買わなくたっていいじゃないか!と
自己ツッコミを入れたりして(笑)。
いやいやいや、カッコいいです。聴いていると安心します。
昔を思い出して血が騒ぎます(笑)。
posted by ともも at 00:00| Comment(0) | 音楽いろいろ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月21日

06/01/21(sat) 笹木勇一郎インストアライヴ @ 音楽処

札幌にあるCD店 「音楽処」 にて、札幌在住・活動中の現役高校生
(祝・今春卒業!)、笹木勇一郎くんのインストアライヴがありました。
ギター1本での弾き語り。
彼の声が店内いっぱいに広がって、本当に迫力がありました。
声とギターだけでここまで人を惹きつけることができるなんて
やっぱりすごい人です。
見習うべきところが沢山あるわ…(笑)。
『地球の瞳』 では、ちょっとだけ涙腺が緩みました。
これからの活躍がますます楽しみです。
posted by ともも at 00:00| Comment(0) | 音楽いろいろ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月29日

年越しライヴ。

全国各地でありますね、年越しライヴ。
私は去年に引き続き、今年も行きません。
お家でゴロゴロします。

大晦日から元日にかけて行われる年越しライヴ。
私も一時期は毎年行っていました(笑)。
いつからかな…
一番最初に年末にライヴに行ったのは、確か97年。
12月30日に渋谷クアトロへ行きました。
出演は、ピロウズ、チューインガム、ドミンゴス、ナガハタゼンジ、
高橋徹也、タイムスリップランデブー …
今思えば豪華だったなぁ。もう一度みたいぞ。
そういうお祭り的なイベントにハマった私は、
翌年98年から03年の12月31日は必ずライヴに行っていました。
数時間の間に下北沢や渋谷辺りを何ヶ所もハシゴしてね。
そして始発で帰ってくる。そして寝正月(笑)。
ずっとそういう風に過ごすものと思っていましたが、
去年2004年の大晦日は、実に7年ぶりに家族と一緒に過ごしました。
新鮮でした(笑)。
年越しライヴ行きたかったのだけど、ピンとくる会場がなかったから
やめました。行きたくても遠かったし凹。
今年も行きたかったけど「ま、いいかな」と。
今年も思いを馳せながら、こたつに入ってまったり過ごします。
きっとパソコンとお友達(笑)。
posted by ともも at 23:36| Comment(0) | 音楽いろいろ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月12日

05/12/12 (Mon) ACOUSTIC 12×12 @ 札幌Bridge

【出演】渡邊慎吾/笹木勇一郎/LOVE MANIA/warms/他
【曲順】 01. 漂流少年
     02. 思い出の教室
     03. 地球の瞳
     04. 今なら言える“I love you”
     05. 16番目の街角で
(*セットリストは 可憐な日々。 さんから拝借しました)

ライヴ三昧の2日目。
今日は笹木勇一郎くんを観に行きました。
勇一郎君のライヴは何度目になるのだろう。
彼の存在は今年3月のOLD企画で知りました。
今日は久しぶりのアコースティックということでしたが、
私は最初に観たのがアコースティックだったので、
このスタイルのライヴの方が、観ていて落ち着きます。
今かなり惹かれている 『地球の瞳』 を聴くことが出来て嬉しかったです。

私はソロの方の音に興味を持っても、聴くことが続かないのですが、
彼の音は惹かれるものがあります。
そして現役高校生(祝・受験終了!)ということでも驚きです。
私が18歳の時は何をしていただろう…(汗)。
ライヴ後には、発売されたばかりのCDを購入。
このCDは、年明けには道外でも発売されるそうです。
来年は、勇一郎くんの音が沢山の人に届くこと
posted by ともも at 23:00| Comment(0) | 音楽いろいろ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月07日

11月の厳選ライブ。

OLDさん以外で参戦予定のライブ。今月は…

11/11(金) AUTO PILOT@下北沢CLUB Que
AUTO PILOTの出演は、最後20:40から。

に決めた!
久々にオートの音に身を委ねてくるさ!(予定)
10日@OLDと11日、二日連続ライブで楽しみ!
ハジケマスヨォ♪

そしてもうひとつ。
今とても気になっている曲があります。
それは Lucky13の『大きすぎない歌』。
ラッキー好きな友達に曲名を教えてもらいました。
ミナホで最後にやった曲。
私はミナホで初めて聴いて、涙腺が緩みました。
素朴なんだけど温かくて優しい曲でした。
でも音源にはなっていないそうで残念…今すごく聴きたい!
posted by ともも at 22:01| Comment(0) | 音楽いろいろ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月23日

ミナホ終了。

MINAMI WHEEL 2005、無事に終了しました。
楽しかったー! けど 疲れたー!(笑)
もう足腰が痛いです。
立ち疲れ。この3日間、ほとんど座っていないもの。
もっと体力つけないとダメですね。
今日は食い倒れせずに絶食状態。
なんか食べる機会を逃してたというか。
一人だと会場移動に精一杯で、ムキになって移動してました(笑)。
ずいぶん歩いただろうなぁ。

■ともものミナホ3日目。
pop chocolat→Chester Copperpot→CRAZY FINGERS→ミドリカワ書房
→Prof.Moriarty&Smiley-Todd→Secondline→SPORTS

やっぱりチェスコ(笑)とプロフも好きです。
ミドリカワ書房も心くすぐられました。また観たい!

来年も行けるといいな〜。
来年も出て下さい。
ミナホスタッフの方、飛行機移動をとても喜んでいた彼らを呼んで下さい(笑)。
お疲れさまでした!また来年!

さて。これから帰るでよ。

■ミナミホイールのパス(ストラップ)の色■ メモメモ。
・1day(23日用)→オレンジ
posted by ともも at 23:03| Comment(0) | 音楽いろいろ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月22日

ミナミホイール2日目。

■ともものミナホ2日目。

コーヒーカラー→夏待ちレスター→髭(HiGE)→Lucky13
→WALKABOUT→風味堂→APOGEE

------------
この2日間 一緒に楽しんだ友達は、一足先に今夜帰ります。
早いもので明日は最終日。
明日は私一人で動き回りますよ〜。
明日は観たい人たちが順序よく並んでいるので、
それに向かって突進していきます(笑)。
ちなみに観る予想は
チェスターコパーポット、ミドリカワ書房、プロフ、sports

既に足と腰が痛いです(笑)。
これからゆっくりお風呂に入ることにするら〜。

■ミナミホイールのパス(ストラップ)の色■ メモメモ。
・1day(22日用)→黄色
posted by ともも at 22:08| Comment(0) | 音楽いろいろ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミナミホイール1日目。

知人宅に宿泊する友達と別れて一人ホテルへ。
いや〜、とっても充実した一日でした。
久々に心が満たされました。
偶然にも私の宿泊先が、OLDが出演した会場のすぐ隣りなので、
いつもより多めに余韻が残っています。

ミナミホイールお馴染みの光景。
自分たちの音を、ライブを、できるだけ多くの人に届けたいという
沢山の音楽人たちが、開演前にフライヤーを配って自分たちを
アピールしていました。
誰を観るか迷っている時には、このアピール度が決め手になります。
私も、知っている方から知らない方まで、沢山のフライヤーを頂きました。
その中でも約2名、頑張って配っている姿を見つけた時は、
とても嬉しくなって思わず駆け寄ってしまいましたが(笑)。
あれ?残りのお2人も ちゃんと配っていました?よね?(笑)

■ともものミナホ1日目。
キャプテンズ→OLD→オーノキヨフミ→orange pekoe→ジェット機
(CORE OF SOULがOLDと被らなければ観たかった。
ラストの広沢タダシ氏も観たかったけど、会場の距離の遠さに諦めました。)
そして、オールナイトイベントでは アナログフィッシュだけを観て帰りました。

明日の日程もまだ決めていないよー。
オススメがあっ
posted by ともも at 00:36| Comment(0) | 音楽いろいろ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月15日

活動開始。

SOULSBEERYが解散を発表して約半年。
メンバーさん達の新たな活動が始まるようです。
たった今、G.須藤くんの日記を見て知りました。
寝たいのに目が覚めました(笑)。

須藤くんは、元オータムストーンのDr.山形氏とB.林氏の3人組。
Vo.石塚くんは、ESTATE SALE という名のバンド。
でも現在のメンバーは1名らしい(笑)。
B.佐々木くんもバンドで活動。
Dr.水野くんは…どうした?(笑)
今もMilco.が主なのでしょうか。(暫く行ってない…汗)

さっそく石塚くんは、アコースティックでのライブが決まったそうです。
いちばん後ろの席でいいから、ゆっくりと石塚くんの音を聴いてみたい。

11/5、行くしかないべさ。
posted by ともも at 00:43| 音楽いろいろ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月27日

ミナミホイール。

さあさあ、今年もやってまいります!
MINAMI WHEEL 2005。
今年も行っちゃいます。
ミナホに行くようになって、今年で4年連続。
お目当てのバンドはもちろん、
その場の雰囲気で、知らないミュージシャンをフラ〜っと観に行く。
ミナホのそんなラフな感じが好きです。
せっかくだから、普段 自分からは観に行かない人を観たいと思っています。

いつの間にかタイムテーブルも発表されていて、
観たい人が重なっていたりすると、もうショック。
タイムテーブルとニラメッコしながら、
今から当日の予定を立てるのが楽しいです。
さて、今年は誰を観ようかな〜。
posted by ともも at 00:48| Comment(2) | 音楽いろいろ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月19日

05/09/17 (sat) 「いくぜ!道産子魂!!Vol.3」 @ 札幌ペニーレーン24 【椿屋四重奏 編】

【出演順】Zwei/OLD/椿屋四重奏/TRIPLANE
【曲順】 01. ---
     02. ---
     03. 紫陽花
     04. ---
     05. 螺旋階段
     06. プロローグ

* --- は曲名わからず…。もっと勉強します…(汗)。

OLDに引き続いて、楽しみにしていた椿屋四重奏のライヴ。
私は 『紫陽花』 から入ったので、1・2曲目は(たぶん)初聴きでしたが
かっこいいなぁと改めて思いました。本当に 『艶ロック』 ですね。
じっくり聴いてみたくなりました。
ギターを外してマイクだけを手にとって 『紫陽花』 を唄う中田氏の姿に
見惚れてしまい、曲が終わるまでずっと鳥肌が立っていました。
何度聴いても好きな曲です。
私には色々な思い入れのある曲になりました。

確か4曲目と5曲目の間に、短いけど客席とのコール&レスポンス。
そしてメンバー紹介をして 『螺旋階段』。 そして 『プロローグ』(!)
ラスト 『プロローグ』 と聴いた時はびっくりしました。
なんせ、新譜 『薔薇とダイヤモンド』 の中では
今いちばんのお気に入り曲だったので。
好きな曲が立て続けに聴けて、”私は本当に幸せ者だな” と
その幸せを噛み締めていました。

Vo.の中田氏は、
posted by ともも at 22:16| Comment(0) | 音楽いろいろ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。