2007年11月14日

東関東自動車道。

071113.jpg

私が東関道を利用する時は、だいたい始点の潮来ICから乗り降りします。
高速道路の始点から乗るという感覚は、なんだか不思議な感じがします。
何回乗っても慣れないような、ワクワクするような。
(でもあと数年後にはココも始点じゃなくなるのよね。たぶん。)


そんな東関道。
佐原PA(上り)に、180°見渡せるパノラマ展望台があると
看板があったので寄ってみることに。
始点からすぐ次のPAなんて、なかなか寄る機会がないもので。


階段を上がっていくと、
そこには確かに だだっ広い関東平野が!
北東(東か?)の方角を見渡せるようになっていました。


うーん、なにもない(笑)。


でもね。
千葉方面(下り)から走ってくると、急にパアッと視界がひらけて
これが結構、感動ものなのですよ。
夜はプチ夜景でキレイだし(あくまでもプチ)。

滅多にないだろうけど(笑)、機会がありましたらぜひ〜。
posted by ともも at 23:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅メモ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うっわー、本当に何も無ーい(笑)

と、ソレを楽しめるのは
素晴らしい事ですね
Posted by ミチヲ at 2007年11月17日 16:36
学生の頃は、
なーんにもなくて、閉鎖的な雰囲気のある田舎が
好きじゃなかったけれど、
今は なーんにもないところ、まだまだ自然が残っているところに
とても魅力を感じます。
田舎に限らず、四季の移り変わりを感じるのが楽しいの!

…年をとった証拠かしら?(笑)
Posted by ともも at 2007年11月20日 23:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。