2010年07月09日

生中継。

7月9日の19:30〜、USTREAMにて布袋氏のZepp Tokyoでのライブが生中継されるというので
部屋でPCとiPhoneの両方を準備して、始まるのを待っていました。
どんな風に中継されるのか、何時まで観られるのか、全く想像がつかず…。

予定より10分遅れでライブ開始。
まずPC。ウチの環境が悪いからか、重すぎて画像も音声も×。全然見られない。
iPhoneでは画像が少し遅れるものの、まあまあなめらかに見ることができて、ライブの雰囲気が伝わってきました。
そして開始から約10分後、PCもカクカクしながも映像が見られるようになったので見比べてみると
iPhoneのほうが映像も音も遅くてびっくり。「アナログと地デジ」よりも差がありすぎだったので、ちょっと驚いてしまいました。
それからはPCで中継を観ることに。

結局ライブは、最初から最後までの2時間30分、まるまる全部を中継しました。しかも無料で。
今までに見たUst中継よりもカメラのアングルも本格的。それよりなにより音がものすごくいい!
私のオンボロPCでも とてもキレイに聴こえたので、本当に感心することばかりでした。
これだけのことをやるとなるとスタッフも沢山いたのだろうけど、でも本当にすごい中継だったな…。

私は大ファンというわけじゃないし、布袋氏のことは無知に等しいけれど、
そんな私でも 今回のこの中継はとても画期的なことだったと思える内容でした。

いつのまにか すごい時代になっていたんだな…。

ちなみに、視聴者数は最高で6100人を超えていたと思います。(私が気づいた時点で)
これは…多いのか?少ないのか?


今回の中継を観て、いろいろな意味でとても勉強になりました。
しばし余韻に浸りながら、引き続き一人で あーだこーだ 考えたいと思います(笑)。

posted by ともも at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽いろいろ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。