2006年03月14日

06/03/14 (tue) 251 presents〜music from nanairo-life @下北沢CLUB 251

【出演順】OLD/Prof.Moriarty & Smiley-Todd/Multi Colored Vox/SCARLET
【曲順】 01. この世の果て
     02. まぼろし(旧:耳鳴り)
     03. understand
     04. 春を待つ
     05. Driver
     06. プラチナ

060314.JPG

なにやらレコーディングが物凄いことになっているそうで、
それがどういう風にライヴで活かされるのか、非常に楽しみでした。
1番目に登場するOLDを観るのが久しぶりで、ちょっと新鮮、
そして内心ドキドキ。

『この世の果て』 。いつもイントロで惹き込まれます。
やはり今まで(先月)とは何やら一味違う雰囲気が漂ってきました。

そして2曲目。品川くんからのタイトルコール 『まぼろし』。
新曲?と思いましたが、聴いたことのあるイントロ。
全部は聞き取れませんでしたが、ところどころ聴こえてくる歌詞は
グサッとくるものばかり。
今の自分を見透かされたような感じがして、この時点で既に
心を奪われました。

MCは杉村くんが担当。
今日も札幌から車で来たこと。
OLDは今レコーディングをしていて、それがものすごくカッコいいこと(自慢)。
を話していました。

『understand』、演るとは思ってもいませんでした。
Bメロ (というのかな?) のギター、ベースの音が印象的でした。
少しだけ弾き方が変わったりしたのかな?
さりげないところに新たな音が加わったようで、さらに曲として
完成された気がしました。
ほんの少しだけ涙腺が緩みました。切なかったです。

『春を待つ』 では、髪の毛を振り乱しながらドラムを叩く神田くんが
すごかったです。
1曲終わった時は、髪の毛が逆立ってました(笑)。
そして客席からはよくわからないままに、ちょっとしたハプニングも
ありましたが、無事に修正した時の4人の微笑みを見たら
つられて私も顔がニヤけてしまいました。
最近のOLDライヴでは、体を動かしたいけれど、自分の頭は
曲を聴いていたい、そして目は彼らを見ていたい。
こういう場合はどうしたら良いのでしょう?(笑)

そして噂に聞いていた 『Driver』。
ほほぅ。そうきましたか。ニヤリ。ニヤリ。ニヤリ!
短編映画を見ているような、そんな気分になりました。
まさにOLDという名のアトラクションですね (なんじゃそりゃ)。

ラストは 『プラチナ』。
もう見惚れることしかできませんでした。ずっと聴いていたかった。
歌詞に 【君の手を離さないだろう】 とあるのですが、
離したくない!…と本気で思いました(笑)。
絶対に離さないぞ(笑)。

昨夜から今もずっと、ライヴの余韻に浸っています。
ふと気づいたら、余韻に浸るのは久しぶりだった気がします。
それだけ私にとっては印象的なライヴでした。
今の私にはチクチクと突き刺さってくる曲 (歌詞) ばかり。
本当に痛くて苦しいけれど、でもそれが温かい。
自分の情けない部分も弱い部分も、全て包んでくれる気がして
安心するのです。
品川くんの歌声は、いつにも増して優しかったです。
今日のライヴは 『まぼろし』 『understand』 で決まり。
※あくまで私の個人的感想ですので。

ここまで曲の世界が広がるものなのか。広げられるんだ。
”これで完成型” ということはないんですね。
音楽ってすごいですね。どこまでも広げられるのですね。
ただただ感心するばかり。
多くの人に今の彼らを観て・聴いてほしい!

そして私信。
ちょっと前にココに書いた暗い日記を気にしてくれた方へ。
言われた直後は突然のことで 「何を言うか?!」 と驚きましたが(笑)、
その言葉だけで本当に救われました。
うまく返せなかったけれど、嬉しかったです。
ありがとうございます。
posted by ともも at 00:00| Comment(0) | OLD ** なんでもRepo.2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。